よろず相談

質問・相談 フォーラム

社宅費について

(5件の投稿)
  1. 匿名
    未登録

    社宅費の5年毎の値上げについてですが、持家(H11年に自分名義で購入)があるにもかかわらず、転勤により関東へ移動(H11年)となりました。
    当時(H11年)、そのような値上げ制度はなく、家族の一部(妻、子供)も一緒にきています。
    現在の持家には、家族(扶養している母親)が住んでいます。
    何年か前に単身の人は値上げの対象外となったようですが、
    一部の家族(妻、子供)と一緒に社宅に住んでいる人は、そのまま値上げ対象で住宅ローンともかさなり負担となり苦しいばかりです。
    1.この施策は、そもそも何故行われたんですか?経費削減だけだったんでしょうか?
    2.持家の推進もあったかと思うのですが、せめて持家がある人は値上げの対象外にはならないのでしょうか?
    3.採用から65才まで働きがいをもって安心して働き続けられる制度の確立を今回春闘でも掲げていますが、見直し検討に含んでもらえないでしょうか?

    2年前の投稿 #
  2. お問い合わせありがとうございます。
    また、ご回答が遅くなってしまっており、申し訳ございません。
    現在、本件について会社見解等も含め確認しております。
    その後の回答とさせていただきたく思いますので、
    今しばらくお待ちいただければと思います。

    2年前の投稿 #
  3. 匿名
    未登録

    ご対応ありがとうございます。
    現状ですと、早期退職して九州にかえらなければなりません。
    (再就職のあてもありません)
    現在でもかなりの高額になっており、特に60才以降のことになると何のために働くのか悲観的になってしまいます。
    カフェテリアでは、持家がありのでポイント控除の対象外を認めてもらっています。
    同じように、値上げ対象外にしてもらいたいものです。
    引き続きご対応方よろしくお願いいたします。

    2年前の投稿 #
  4. お問い合わせありがとうございます。
    少し長くなりますが、ご回答をさせて頂きます。
    交渉記録から文言を引っ張ってきておりますので、
    若干、杓子定規な文となることをお許しください。

    Q1 そもそもなぜ行なわれたか?
    A1 仰るとおり、傾斜使用料制については、社員の持家意欲の促進を図るため、平成元年の社宅使用料体系見直しに伴って導入されました。
     また、平成14年4月には、社員に対する持家支援の公平化および受益者負担の適正化の観点から、社宅使用料等の見直しが行なわれ、入居期間に応じて3年毎に逓増し、15年で上限額となるよう基準社宅使用料に傾斜使用料調整を行ない、最終的には社宅にかかる費用を負担する使用料へと見直しました。

    ※その後、2009春闘において、制度改善を図り、
    傾斜使用料調整の上限上率については、3.4倍から、2.2倍へ見直し、傾斜期間については、3年から5年へ見直しています。

    Q2 値上げの対象外にならないのか?
    A2 持家者ではあるが家族帯同で世帯用社宅に入居している社員については、生活の基盤となる居住地を現居住地(世帯用社宅)に移すことを選択したものであり、現居住地においては他の入居者(非持家者)と同様の便益を会社から受けていること、また、その持家の状況が多様(例えば、セカンドハウス的に保養地にある場合、相続制等により単に自己名義となった場合、資産運用の一環として取得した場合等)であり、同じ社宅に入居している非持家者との不公平感につながることから、現状どおり傾斜仕様料制を適用することとしている。

    現制度の中では、上記回答となってしまうとのことです。
    ご希望に添える回答とはなっていないことは重々承知しており、
    このような回答しかできないことを申し訳なく思います。

    とは言うものの、
    ご質問いただいた組合員さまの切実な状況はお察しします。
    早期退職等の決断される前には、ぜひご相談ください。
    文章ではなかなか真意が伝わらないこともございます。
    労働組合としては、出来ること、できないことはあるにせよ、
    最大限相談にのり、解決に向けた方策について一緒に考えていきたいと思います。

    よろしくお願いいたします。

    2年前の投稿 #
  5. 匿名
    未登録

    回答ありがとうございます。
    持家は扶養している家族(母)が住んでいて、賃貸にもしていない等、納得感はありませんが、なかなか難しそうですね。
    今後についてですが、採用から65才まで働きがいをもって安心して働き続けられる制度について議論中だと思います。
    60才以上の年収は300万程度の案となっていますが、
    このままいくと、社宅費だけで年収の3分の1となりそうです。ローンも含めれば収入はほとんど0です。
    細かいところは今後の議論だと思いますが、是非、このような状況になる人もいることを考慮していただければ幸いです。
    今後ともよろしくお願いします。

    2年前の投稿 #

返信

ログイン しなければ投稿できません。

good-iに寄せられるご質問のなかでも多くの方からいただいたご質問をご覧いただけます。

詳しく見る

NTT労働組合では、NTT労組弁護団所属の弁護士による無料法律相談を行っています。

詳しく見る

よろず相談 会員専用

ご意見、ご質問のほか、様々なフォーラムをご用意。お気軽にご投稿ください。

詳しく見る

NTT労組新聞

NTT労組新聞の内容をPDFにてご覧いただけます。

詳しく見る

ヘッドラインニュース 組合員専用

今をお届けするHLN(ヘッドラインニュース)。過去の記事もご覧いただけます。

詳しく見る

Communications 組合員専用

政策課題などをテーマに作成した冊子。過去の冊子もご覧になれます

詳しく見る